daicyou

大腸がんは定期的な検査と的確な治療でリスク軽減が可能です

がんの基本的な話

がんとは、傷ついた細胞が際限なく分裂する病気のことです。分裂した細胞は臓器を圧迫したり、体の栄養を大量に消費したりと様々な悪影響を及ぼし続け、体のあちこちに転移します。そして、最終的に死に至ります。

細胞のある所どこにでも発生する

そんながんが発生する場所というのは、体全体です。大腸がんや胃がん、肺がんといったような臓器から、骨肉腫などの骨、そして舌がんなど口の中にもがんができる可能性はあるのです。日本では、特に肺がんが多く、大腸がんがそれに続く形で急上昇しています。

大腸がんとはどんながんか

ドクターとナース

医学の進歩

一昔前は発症すれば死の危険がつきまとうがんでしたが、現在ではそういった問題が克服されつつあります。というのも、早期発見できた場合、体に後遺症を残すこと無く、以前と同じように健康体に戻ることは難しくなくなりました。

治療方法

がんの主な治療方法は、外科手術や抗がん剤による薬物療法、そして放射線治療です。抗がん剤は、副作用が多いことが問題でしたが、現在は副作用を抑えた抗がん剤もあり、昔に比べればリスクは大幅な軽減がなされています。

新たな治療

外科手術や抗がん剤、放射線治療の他にも、免疫治療という治療方法も開発されており、新たながん治療の有効な方法として研究が勧められています。このことからわかるように、がんは次第に死の病ではなくなりつつあるのです。

広告募集中